資料請求
    Home
   ■医薬分業とは        
*
医師の診察を受けたあとに、病院・診療所でお薬のかわりに処方せんが渡されます。
処方せんにはお薬の名前や種類、量、使い方が書かれています。
この処方せんを街の保険薬局にもっていくと、薬剤師が薬の量や飲み合わせ等を確認の上、調剤します。
患者さんには、処方せんと引換えにお薬が渡されます。
この制度を「医薬分業」と言います。
*
医療の高度化とともに機能分化が進み、現在の医療には様々な専門分野があります。
それぞれの専門家がチームワークを組み、協力し合うことでよりよい医療の提供が図られています。
医薬分業も、医師と薬剤師が協力してお薬をより安全に使っていただくための制度です。
*
調剤してもらう薬局は、患者さんが自由に選ぶことができます。
お薬を扱う店には「薬局」と「薬店」があります。「薬局」であればどこでも処方せんにより調剤できます。
「調剤室」があり、薬剤師が必ずいるところが薬局です。 「保険薬局」、「保険調剤」、「処方せん受付」
などの表示があるところは必ず薬局ですので、どこでも調剤できます。
自宅の近くやいつも行く商店街の薬局など、自分が一番気軽に、また、安心して相談できる薬局を
「かかりつけ薬局」に決めましょう。
   
   ■こんなメリットが        
*
処方せんにより、あなたのお薬の処方内容が明らかになります。
*
薬局では、あなたのお薬に関する記録を保管する「薬歴」を作り、お薬に対するアレルギーや副作用等を記録し、
あなたの服用するお薬の安全性を高めることに努めています。
*
他の病院や診療所の処方と同じ薬が重複していたり、危険な飲み合わせがある場合など、処方内容に疑問がある場合、
薬剤師が医師に問い合わせ、その結果、処方内容の変更や、処方中止等の処置がとられることもあります。
*
飲み忘れ・飲み間違いを防ぐため、1回に飲むお薬を一包にまとめたり、お薬の名前や飲み方、効能・効果や副作用
などの情報を書いた「薬剤情報提供書」をお渡しし説明をしたり、「お薬手帳」や「健康手帳」にお薬の情報などの
記録もします。特に複数の医療機関や診療科を受診している患者さんは、是非1カ所「かかりつけ薬局」を決めて、
処方せんによる調剤を受けられることをお勧めします。
   
Page Top
会社概要個人情報サイトマップ